古くなったガラスや椅子は張り替えで大変身|住まいの劣化を許すまい

インテリア

ガラスの種類と特徴

一軒家

自宅の窓ガラスにヒビが入ってしまったという場合は、業者に修理を依頼しましょう。窓ガラスのヒビを放置していると強風などで破損する恐れがあります。また、小さなお子さんやペットが怪我をする恐れもあります。窓ガラスのヒビはさまざまなトラブルを招く恐れがあるので、充分に注意しましょう。また、窓ガラスのヒビはガラス自体を交換する必要があります。そのため、ヒビの入った窓ガラスは交換を依頼すると適切です。その他にも、ガラスを交換する際は、どのようなガラスに交換するか検討しましょう。ガラスにはいくつかの種類があるので価格や特徴から自宅に適したガラスを選ぶと適切です。ちなみに、窓ガラスに新聞紙やポスターなどの紙を貼ると熱伝導によりヒビが入ることもあります。遮熱をする際は、きちんとカーテンを使用しましょう。

ガラスのヒビは業者に依頼してガラス交換をしてもらうと適切です。業者によっては、ガラスの種類が選べるところもあります。ガラスにはフロートガラスや合わせガラス、強化ガラスなどがあります。強化ガラスは強風や耐熱にも優れたガラスのことをいいます。自動車などにも使用されています。安全性が高いといえますが、防犯性は期待できないので注意しましょう。また、すりガラスや曇りガラスなどは室内の様子が見えにくくなるのでアパートなどの集合住宅に多く用いられています。その他にも、網入りガラスというものがあります。ガラスの中に金属線が入っており、ガラスの破片が落下するのを防ぐ効果があります。価格が安いことから住居に多く使用されていますが、熱割れしやすいので注意が必要です。